脂肪溶解注射のメソセラピーとBNLSって何が違うの?

脂肪溶解注射のメソセラピーとBNLSって何が違うの?

脂肪溶解注射は、
脂肪を減らせる注射ですよね?

BNLS注射は、
えーっと…。

メソセラピーっていうのは、
えーーーーーっと…。

妻(つまみ):ワタシ横文字ニガテ( ;∀;)

はい。

今回のテーマはこちら

  • 【Q】メソセラピーってなに?
  • 【Q】BNLSってなに?
  • 【Q】メソセラピーとBNLSの違いってなに?
  • 【Q】ん? BNLSneoって何???
Advertisement

【Q】メソセラピーってなに?

【A】メソセラピーとは、脂肪溶解注射の別名です。
正しくは「皮膚に直接注射を打つ手技」をメソセラピーと言います。

ただ、最近では違いを区別するため、
大豆由来のホスファチジルコリン(PPC)を
使用している脂肪溶解注射のことを言う
傾向があります。

メソセラピーの特徴

メソセラピーの主な成分

  • ホスファチジルコリン(PPC)
  • デオキシコール酸(DCA)

ホスファチジルコリン(PPC)は、
健康食品やコスメなどにも使われている
大豆種子抽出油から摂れる大豆レシチン
(アミノ酸)が主成分
です。

本来は動脈硬化症や高脂血症などの治療
に使われていて、血中の脂肪量を減らす薬
として使用されていた成分です。

その効果を応用して、皮下脂肪を減らす
目的としたのが脂肪溶解注射です。

デオキシコール酸(DCA)は、
胆汁酸(たんじゅうさん)の一種で、
脂肪細胞膜を破壊し、脂肪減少させる
強力な成分
です。
その効果はアメリカの厚生労働省にあたる
FDAの厳しい審査から承認されるほど。

【Q】BNLSってなに?

【A】BNLSとは、ハーブ由来の有効成分を配合した脂肪溶解注射です。

BNLSの特徴

BNLSの主な主成分

  • ヒバマタ(海藻)
  • チロシン(アミノ酸)
  • アデノシン三リン酸(ATP)
  • セイヨウトチノキ(サポニンの一種)
  • オキナグサ(アネモネプルサティア)
  • カラクサケマン

BNLS一番の特徴は、
たるみの改善や、肌のひきしめ作用など
植物由来成分に美容効果があるらしい。

そのおかげで、注射後の腫れが少ない点が
人気の理由です。

妻(つまみ):いいじゃん!いいじゃん!(*‘∀‘)

【Q】メソセラピーとBNLSの違いってなに?

【A】ダウンタイムと効果までの時間に差があります。

メソセラピーは、
デオキシコール酸が強い成分なので、
溶解効果は高い反面、
腫れや傷みなどを伴います
効果が出るまで約1ヶ月ほどかかります。

一方、BNLSは、
ハーブ由来の成分が優しく、
腫れや傷みがほとんど無いそうです。
しかも、
効果が出るのは1~2週間程度と早いです。

ん?? BNLS neoって何!?

【A】BNLSにデオキシコール酸を少量加えた、ハイブリッド注射です。

美肌効果のある植物由来のBNLSに
脂肪溶解効果の高いデオキシコール酸を
絶妙に配合
したのが“BNLS neo”です。

妻(つまみ):あれ?腫れの原因デオキシコール酸が入ってるけど?大丈夫?( ゚Д゚)

BNLS成分とデオキシコール酸の相性が
とっても良いのと、絶妙な配合量により、
メソセラピーのような腫れがありません

さらに、
BNLSよりも早い2~3日ほどで効果が出る
いいとこどりの新薬です。

妻(つまみ): えーーー!
めっちゃいいじゃん!(´゚д゚`)

まとめ

傷み効果までの時間ダウンタイム
メソセラピー(PPC)痛い1ヶ月程度腫れる
BNLS少し痛い1~2週間程度少し腫れる
BNLS neo痛くない2~3日程度ほぼ腫れない

医学は凄まじい速さで進歩していきます。

大事なカラダに打つんですから、
なるべくリスクが少なく、
効果の高い成分を選びたいですね~。

妻(つまみ):(人´∀`)アリガトー♪

ほとんど痛みのない脂肪溶解注射
「DSクリニック」公式サイトはこちら

CTA-IMAGE 韓国でも話題の最新エステ「ジェルティック(脂肪冷却)」ダイエットの効果と仕組みを徹底解説!おすすめのお試し体験エステサロンランキングもご紹介!

脂肪溶解注射カテゴリの最新記事